スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
5月最終日
今日は5月31日。もう5月最終日ですね。
ついこの間GWだと思ったのに、時が経つのは早いですね。
とりわけ休職してからは早く感じます。

休職したころは一ヶ月ぐらいで復帰できるだろうと思っていたのに・・・
気がついたらもう半年経つということなんですね。
半年経ってやっと落ち着いて物事が見られるようになってきたような気がします。

思えばジェットコースターのような半年でした。
最初は焦りしかなく、ただただ時間が過ぎるだけ。
なんの回復も見られなかったかな。。
自分のココロと向き合うことが出来たのは、季節が春になってから。
それでも大波小波が押し寄せてきて、日々気分が変わっていました。

最近は、体調の変化はいろいろあれど気分は少し落ち着いているのかも。
以前のような大波があまり来なくなった。
これからは自分が進むべき道をゆっくりと考えていこうと思います。
時間はいっぱいある。最近はそう思うようにして暮しています。
やっとこう思えるようになった。
このままゆったりとした気持ちを持ってすごしていきたいな。。
スポンサーサイト
【2007/05/31 11:56】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
胃腸炎に続き今度は・・・
先週の胃腸炎に引き続き、今度は両足に正体不明の発疹が出来た。
しかも無数に。
大豆ぐらいの大きさで赤く、一見虫に刺されたような感じ。
痒い部分もあり。
土曜日の夜に左足にポツポツでき始め
日曜日の夜には両足全体に太ももから踵にかけて気持ち悪いぐらいに発生。

ネットで調べても何がなんだかわからず、昨日慌てて皮膚科に行ってきました。
診断結果は一種のアレルギー性の発疹だとか。
毛細血管が炎症を起こしてそこから出血して発疹になっているらしい。
病名を言っていたが、カタカナで難しかったので覚えられませんでした。
でも、これが10日ぐらい経っても消えなかったら検査が必要だとのこと。
あと、これによる合併症も出てくるかもしれないと言われ・・・
私の胃はキリキリと痛くなってしまった。
蕁麻疹であればストレスでよく出てくるのでわかるのだけれど・・・
今回のは私が見ても気持ち悪い。。
で、昨日は一日かなりへこんでいました。。

この1年次から次へと病気になり・・・・
あぁぁ、やっぱり厄年なのね。と、実感。。
ちょうど、体に変化が現れる年頃なんですよね。厄年って。。

とりあえず炎症を抑える薬をもらって様子をみることにしました。
今日はなんとなく昨日より赤みがひいてきたような感じもすんるだけど・・
先生に「とにかくおとなしくしていることが治療です。」
と、言われ実家に行ってゴロゴロしていました。
どうか治りますように・・・・・。。

今回のこの薬で私の体は薬漬け状態。
大丈夫なんだろうか。。
ちょっと心配です。
うつ病3種類(デパス・トフラニール・トレドミン)、胃腸炎4種類、発疹一種類で計9個です。

【2007/05/29 18:51】 | 体調 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
プチ模様替え
昨日は黄砂が飛んでいたけど、午前中は良いお天気でした。
前日の雨から一転で、私の気分も少し上向きに。

主人が寝ている間にお洗濯を終わらしてしまった私は、
ちょっと気分がスッキリです。
掃除まではなんとなく手が出ず、そうこうするうちに主人が
「お腹すいた~」と言って起きたので、ゴハンを作る。
で、掃除は主人におまかせしちゃいました。
ただ、ずっと気になっていたダイニングテーブルの位置をちょっとだけ変えてみたんです。
ほんの少しだけなんだけど、なんとなく気分よし。
この位置になったから、これからはあーしてみよう・こうしてみよう・・・
と、思うとちょっとココロがうきうき。

単純なものですね。私のココロって。
でも、少しだけでも何かが変わるってことはココロを明るくさせます。
昨日は買えなかったお花を今日は散歩がてら買いにでかけようかと考えてます。

ちなみに主人は朝4時に起きて、海岸清掃にでかけました。。
(お疲れ~~)
海の季節に入る前に、ボランティアで海岸清掃をする日があるみたいで・・・
主人は海岸清掃するではなく、車の誘導係りらしいです。。
私は行ったことがないのですが、何千人というすごく多くの人が来るらしいです。
・・・朝早くから。。
【2007/05/27 06:27】 | 家事 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
新聞の連載を読んで
これから書くことは、書くべきなのかどうかをこの一週間悩んでいました。
ある意味ですごく辛く暗い内容だから。。
でも、もう一度新聞のコラムを読んでやはり書こうと思いました。
書いて自分の気持ちを整理したかったのです。

それは・・・
5/20(日)の朝日新聞の毎週連載の記事でした。
毎週、家族の絆について書いていたコラムです。
その日の記事は女優の江角マキコさんから届いた手紙の内容が書かれていたものでした。
テレビでも報道されていましたが、その手紙の内容は江角さんの弟が癌で亡くなられたという内容でした。

私はこれを読んでまず「家族の絆」という題で父のことを書きました。
http://yukki5086.blog104.fc2.com/blog-entry-25.html
そして我が家にはもう1つの家族の絆を感じた出来事がありました。

それは父が食道がんの宣告を受ける4年前のことです。
一緒に暮していた祖父が亡くなりました。来月でちょうど7年です。
その3年前、祖父の体の中に癌が見つかりました。
胃がんです。手術で胃を全摘しました。
術後の祖父はおそらく痛くて苦しい日が続いていたと思いますが、一度も痛いと口にはしませんでした。
退院後、静養しながら元気になり外で散歩や大好きなスポーツをするまで回復しました。
しかし、祖父の体の中では癌細胞がリンパ節に転移していたのです。
それは、手術をした時にわかっていたようで両親と祖母は私達姉弟には隠していたのです。
私が転移を知ったのは祖父が亡くなった日の朝でした。
父から知らされたその言葉は最初何を言っているのかわからなかったくらいです。
祖父が亡くなる前日に私は一人で祖父のお見舞いに行きました。
何も知らない私だったのですが、その時の祖父の顔・・・それは一生忘れることの出来ない顔です。
顔色がなく、頬もこけ・・・祖父の命が長くはないのではないかと私は悟りました。
一生懸命涙を堪えながら祖父と話をしました。
その翌日の朝です。病院から電話がかかり、祖父の容態が急変したと。。
私たち家族はすぐに病院に向かいました。祖父は・・・・
前日よりもさらにこけて、声を出すのもやっとの思いで・・・。
祖父の顔を見た瞬間涙が溢れ出てきたのです。
私は決して祖父には見せていけないと、部屋の隅でそっと涙をぬぐいました。
一生懸命祖父の足をさすりました。その足はとてつもなく細く、骨の感触が。
一旦、小康状態になり医師がまだ大丈夫だと言ってくれたので一度帰宅しました。
そして、その数時間後また電話がなったのです。
もう危ないと・・・。
病院に駆けつけた私たちの目に飛び込んできたのは意識のない祖父の姿。
そして医師から死の宣告が・・・。
家族の誰もが泣き崩れました。
特におじいちゃん子だったすぐ下の妹は祖父にしがみつき「おじいちゃんおじいちゃん」と泣き崩れ。。
姉である私は妹の肩を抱き、体を支えることが精一杯でした。
初めての家族の死でした。
こんなにも悲しいことが世の中にあるのかと思いました。
常に8人で行動していた我が家が7人になったのです。

それから4年後父に食道がんの宣告が下されたのです。

江角さんが書いた手紙の中の文章の中にこんな一文があります。
「今日がある――。こんな当たり前のことが私たちにとっては、幸せです。」

そう。
私たち家族も祖父の死と父の闘病生活を経て幸せとはどういうことなのか、
家族の絆とはどういうものなのかを一人一人が心に感じたと思います。
そこにいてくれることがいかに幸せなのかを。
そして、それをみんなで思い続けることが家族の絆だということを。
今日も父は元気に笑ってくれるでしょう。そんな毎日が幸せなんですね。
天国の祖父はきっといつも私たちを見守ってくれているはずです。

江角マキコさんの記事を載せておきます。
http://aspara2.asahi.com/club/user/paper/family/TKY200705200107.html
http://aspara2.asahi.com/club/user/paper/family/TKY200705200109.html




【2007/05/26 02:09】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
雨ですね。。
今日は久しぶりの雨。
昨日、体調が戻ってきたからといって調子にのって普通にゴハンを食べた私。
朝起きると気分が悪く胃がムカムカ。
あぁぁ、やっぱりもう少し様子見ればよかった。と、後悔しました。

雨も重なり朝からなんだかどんよりな気分。。
今日こそはジムに行こうと昨日、母にも宣言していたのに。
体調も悪いし、気分ものらないしでまたまた一日家の中ですごすことに。。

あーーーなぁんかモードに入っちゃってるなぁ。と、いう感じ。
こんな日記しか書けない私も情けないんだけど・・・
まぁ、こんなモードはよくあることだからあまり落ち込んだりはしないんだけどお久しぶりってかんじ。
焦ってはいないけど、何事にも気分の乗らない自分がイヤだな。。
【2007/05/25 17:16】 | | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
久しぶり
今日、久しぶりに・・・・
お化粧しました。
ホントに久しぶり。。
これってすごくヤバイですよね。
昨日、胃腸科へ行ったときもなんとスッピンでした。
最近、我ながら勇気あるな~と思うんだけど・・・
でもでも・・・
お化粧まで辿り着けないんです。
なんとか顔は洗えるんだけどね。。
だから、ファンデーションの減りが遅いの。
リキッドなんだけど、もう1年以上使っているかも・・・

なんだか、ここ最近は鬱の小波がやってきているようです。
何が?っていうと何もないんだけど・・・
やっぱりふっとした時にちょっと落っこちるものですね。。
しょうがない。マイペースマイペース。。
【2007/05/24 16:27】 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
感染性胃腸炎
今、世間でははしかが大流行しているみたいだけれど・・・
我が家では感染性胃腸炎が流行(??)しています。

私は小さい頃にはしかや三日ばしか、風疹、などなどありとあらゆる病気になったのでこういう問題にはびくともしないんだけど。。

先々週ぐらいに主人が胃が痛いよぉぉ~と、泣きついてきたんです。
「病院行こうか?」と、聞いても
「もう少し様子見てから・・・」と、言うだけで・・・
しかし、一向に痛みが引かなかったらしくとうとう胃腸科へ運びました。
診断結果は感染性胃腸炎。
私としては『どこから貰ってきたんだい!』と、いうかんじだったんですが・・・
とりあえず、処方された薬を飲んでだんだん痛みがひいてきたんです。

その翌週。義母が同じような症状に。。
同居しているわけではないのにどうして?と、思ったんですが・・・
どうやら義母が我が家に遊びに来たときに感染したんではないかと。。
義母は大の病院と薬嫌い。。
一週間苦しみに苦しみ自力で治したというつわものです。

そして・・・
今度は私がうつってしまったようで・・・
日曜日の二日酔いが尾をひいているのかと思いきや
お腹がすいて何かを食べるとすぐに胃腸が痛くなるんです。。
でも、お腹はすくし・・・
食べて痛くなって、すぐに横になって、起きてまた食べる。
と、いう生活。痛くなるんだから、食べなきゃいいのに食べてしまうんですよね~。

だんだん痛みは弱くなっているんですが・・・
こんなの初めてです。
私も病院に行けばいいんでしょうけど、なにぶん痛くて外に出たくない。
最近少々鬱気味なのもあるんですが、この二日間外には一歩も出ていません。。
仕方がない、治るまでの辛抱です。

【2007/05/23 09:35】 | 体調 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
家族の絆
今日実家の母に電話をしたら「パパは今日病院行っている。年に一回のCTとMRIの検査だよ。」
という返事が・・・。

以前このブログで父の還暦の話を書いたんですが・・・
http://yukki5086.blog104.fc2.com/blog-date-20070318.html

実は私の父は57歳のときに食道がんの診断が下されたんです。
会社の定期検診で発見されたもの。
事実を父の口から知らされた私と母と祖母は愕然としてしまい、言葉が出ませんでした。
「正確なことは検査をしてみないとわからいみたいで、食道がんに詳しい先生を紹介された」とのこと。
とは言っても父が癌になるなんて予想もしていなかったこと・・・。
その夜はみんな泣きはらしていたようで、翌朝皆の目が真っ赤でした。
精密検査は一週間後。その一週間は私たちにとっては長い長い一週間でした。

そんななか母が言った一言が今も忘れることができません。
「私のせいだ。私がパパに気ばかり使わせてしまって、毎日八つ当たりしてバチがあたったのよ。」
と、涙声で言うんです。
「そんなことないよ」と、言いたい私も言葉が詰まって言えませんでした。

検査の結果、早期の食道がんで食道をとる手術が必要だとのこと。
手術はそれから10日後でした。私と母は朝から付き添い手術室の前まで父を見送りました。
手術を終えて帰ってきた父にはたくさんのチューブがついていて、それを見た誰もが涙目になっていました。
その日は祖母も妹も父の兄弟もみんなかけつけてくれたのです。
今まで美味しい物を食べることが大好きだった父が、さっきまで普通に元気だった父がいきなり病人になって帰ってきたという現実に戸惑いました。
それから父の闘病の日がはじまりました。
二週間は飲まず食わずの日が続き、その間母はずっと病院に泊り込み。
私は仕事の前や後に様子を見に行き、妹が母のかわりに暫くついていてくれたり、弟は学校の帰りに見舞いにきたり・・・。
その時からでしょうか家族の絆がそれまで以上に強くなってきたようでした。

3ヵ月の入院生活の後退院することが決まりました。しかし、まだまだ普通の生活は出来ません。
週一回の通院、思うように体を動かせない、思うように食事も出来ない父は口癖のように「もっと早く見つかっていれば内視鏡での手術で終わったのに」と、言っていました。
そうです。お腹を開いて手術をする方法と内視鏡での手術では術後の経過もなにもかもが全くちがうんです。
ただ、父の会社の検診は1年に一度。
その時に見つからなくて、一年後に見つかっていたらもう遅かっただろうとの医師の言葉。
私はずっとその言葉を繰り返し父に聞かせ、納得させるようにしてきました。

更に一年後にお腹の部分の筋肉の補強の手術をするのですが、今のところ転移はしていないとのこと。
今でも年一回の大きな検査と月一回の通院は欠かせません。

父はこの病気で会社を早期退職しました。
父にとっては大きく人生設計が狂ったのだと思います。
しかし今、母と毎日2人でケンカしながらも楽しい時間を過ごしているのをみて、ツライ手術だったけれど今を見ると良かったかなぁ。と・・・
母もそれまでの父への接し方もかなり変わったようですし。。
何よりも家族全員が父の体を労わることが日課にもなっています。。

私の両親は亭主関白な夫婦。父には母がなくてはならない存在で、母にも父はなくてはならない存在。
私たち姉弟にも両親はなくてはならない存在で。。
父の病気をきっかけに、家族の絆を再確認できたのではないかと思っています。

私も病気になって両親に様々な迷惑・心配をかけていますがあの2人を悲しませることはもう絶対にしないでおこう。と、心に誓ったのです。

【2007/05/22 10:13】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
散々な週末
土曜日の夜、主人と久しぶりにお酒を飲みに外出しました。
外食は毎週といってよいほどしている我が家ですが、お酒を飲みに外出するのは半年ぶりぐらいで私はドキドキしていました。
土曜日からすごく寒くなり、とりあえず温かいものを食べようとこの季節なのにおでんやさんへ。
おでんを食べると飲みたくなるのが熱燗なわけで、私は苦手な日本酒をグイグイ飲んでしまいました。
ま、ここでどうにかなる私でもないのでおでんやを後にした私たちは主人のいつも行くbarへ向かうこととなるのです。
私も独身時代に散々このbarに行っていたので、マスターともお友達。
久しぶりに会うマスターは・・・ちょっと太ってたかなぁぁ。
で、そのお店でも土曜日の私は飲んでしまったのです。
なんといっても美味しいお酒が置いてあるお店なので・・・
で、明くる日私は二日酔いと一日中格闘していたのでした。。
ものすごく気持ちが悪くて、どうしようもないのです。
昔はあれだけ飲んでも二日酔いにもならなかったのに。と、過去の栄光ばかり思い出していた私。
しかも、半年ぶりにお酒を飲みにでかけた私はツイツイ嬉しくなってしまったのでしょうね。。
しかししかし、しばらくはお酒を控える生活になるだろう。。と、思う私です。
【2007/05/21 05:52】 | 我が夫婦 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
昨日の晩御飯
毎日毎日の晩御飯、何を作ろうか朝から悩んだり月曜日から一週間分悩んだり・・・主婦にとっては切っても切り離せないものですよね。

最近、すごく面倒臭くて(元来面倒臭がり屋なんですが・・・)買ってきたまま一品というものを出してしまいます。
お惣菜を買うわけではないのですが、お豆腐やところてん、もずく酢などなど・・・ちょっと手抜きしています。

昨日は前の晩から何を作ろうかだいたい決めていて・・・
と、いうのもなるべくお魚とお肉料理は交互に出すようにしているんです。
火曜日はかにクリームコロッケ(これ実は義母からもらった蟹がかなりあまってしまったので身をほぐしてホワイトソース作って混ぜただけという簡単なもの。意外にgooでした)、水曜日は鯵のお刺身とお魚が続いたので、昨日はお肉料理にしました。

そこで参考にしたのが、お友達から教えてもらったブログ。
『こうちゃんの簡単料理レシピ』です。
これは材料と作り方が3、4行だけ書いてあるという非常に簡単なレシピブログなんです。
手抜きしたい私にはもってこいです。
で、前々からそこに出ていたチキンケチャップソテーを一度作ってみたくて昨日やっと作りました。
作り方はすごく簡単で、美味しくできました。
ブログは↓ココです。
http://blogs.yahoo.co.jp/boooy2005/48387349.html

主人も喜んでくれて満足です。なにぶん好き嫌いの多い人なので、難しい・・・
なんと言っても野菜があまり好きではないので、無理やり食べさせてます。

ちなみに昨日は焼きなすと大根サラダ、ジャガイモのお味噌汁でした。
卵豆腐もあるよ。と、言っていたんですが結構他の料理がたくさんあったので明日にしようかなと思って出さなかったら
「卵豆腐もあるって言ってなかった?」と、食事が終わる頃にボソッと一言。
「もしかして楽しみにしてた?」と私
「うん・・・」と主人
「ごめんごめん他にたくさんあったから明日にしようと思って・・・」
と、いう会話が繰り広げられ・・・
そう、主人は卵豆腐が大好きなんです。
ちょっとかわいいヤツ。と、思ってしまいました。

最近、一応だけど料理を作ることが出来ている私。
以前には考えられなかったけど・・・。少しずつ普通の生活が出来ているのかなぁ。。





【2007/05/18 11:35】 | 料理 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
30歳を過ぎて
私は30歳になろうとする年に鬱病を発症しました。
原因は会社の人間関係。。
心の病になってもう2年が経ちます。
一時期はよくなってきたけど、昨年12月から会社を休職し現在に至っているわけです。

今思えば女性の30代ってすごく難しいんですよね。

私はずっと同じ会社で働いてきて、周りの女性もずっと同じ。
男性は転勤族なのでいろいろな人が来て、去っていくのですが・・・
女性は退職したり入社しない限りずっと同じ。。
同じ職場で10年、いやそれ以上一緒に働いているわけですよね。
だから・・・
いろいろあるわけです。
昔は仲良かったのに、今は・・・違う人と。とか・・・
人間人それぞれですから、合う合わないはいろいろあるわけで。
それはどんな世界でも当たり前なんですが・・・

今、非常に感じるのは。。
ずっと知っているだけに、すごく皆の世界が狭くなってきたということ。
しかも20代後半から30代にかけて。。
自分の世界を作りすぎてしまって、受け入れるものと排除するものが決まってきてしまっていること。

簡単に言えば、会社の人間関係に固執してしまっているんです。
私にはそれが理解できなくて、それが嫌で私はそうなりたくなくて・・・
見ていると皆仲良くしようね。と、小学生みたい・・・
狭い社会の中だけで生きていくという窮屈さがないのだろうか。と、思っていまう。
他へ目を向けたい私は、もちろんそういう中には入れなくて・・・いや入りたくもなかったんだけど。
そんなこんなでいろいろ一人で悩みだしてしまったんです。

こういうことってどんな社会にしろあるんだろうな。
一人で割り切ってしまえばいいんだろうけど、今まで受けてきた様々な裏切りを考えると簡単に出来ずにいる自分がいる。

で、こう暗く考えだしたときに決まって考えることは
私の家族のこと。
これは自慢できる家族。
主人も主人の両親も私の両親、姉弟もみんな。。
これは私の宝物。
この宝物があるから私は元気になれる。
私は幸せなんだな。と・・・

テーマ: - ジャンル:日記

【2007/05/17 10:49】 | 自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
お引越し完了!
数時間パソコンと悪戦苦闘し、やっとこちらに引越しすることができました。
しかししかし、今まで使っていたブログは随分見づらくなってしまいました。そこはお許しください。

最近、なかなか眠れず・・・と、言っても眠りが浅いということだけなんですが。
どうやら夜中にうなされているようです。
目覚めたときには覚えてはいないのですが、夢をたくさん見ているような感じ。
しかも・・・
いい夢ではないようです。

それが理由なのかはわからないけれど、今日は朝からなんだか無気力。
そんな日だから、この引越し作業でもしようとちょっと頑張ってみたのかも。。

そんな日に限って、病院へ行かなくてはいけなかったりして・・・
はい、今日は診察日です。
先週起こったことなどなど、またいろいろ思い出して話さないといけないんですよね。
あんまり思い出したくないんだけど・・・

とりあえず、病院に行かなくては。
でも、お化粧する元気なし。サングラスでもしてそのまま行こうかしら。。

テーマ:お知らせです。 - ジャンル:日記

【2007/05/16 12:29】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ちょいと使いづらい・・・
突然ですが・・・
ここのブログちょいと使いづらいんです。
なので、もしかしたら他のブログにお引越しするかもしれません。。
今、試行錯誤してお引越し方法を勉強中です。
なんといったって、アナログ人間の私はサポート画面を読んでも
「なんのこっちゃ???」
と、いう感じで言葉自体わからないという始末・・・
とりあえず、なんとか頑張ってみます。。
お引越し完了できたら、ご報告いたします。。
【2007/05/15 18:46】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
心の病って・・・
週末を越して、少しずつ心が落ち着いてきました。
土曜日は実家に帰って、両親に会社の人からの電話の件を話しました。
主人が実家で一泊してきたらどうだ。と、薦めてくれたんです。

それと、両親に今後のことも相談しておいで。と・・・
私の母は、私がこの病気になった2年前から会社を辞めた方がいいと言っていました。・・・だって原因が会社の人間関係なんだから。。
父は今回の件で、私がここまで苦しい思いをするくらいなら会社は辞めた方がいいんじゃないかと言いました。
私がもし仮に治ったとしても、会社の雰囲気は変わらないだろうから。と・・・
確かにそうなんだよね。
私の両親も私がこの病になってから、初めて鬱というものを知りました。
私の様子や言動を見て、聞いて一生懸命理解してくれようとしていたと思います。
結婚するまでは私の一番近くにいた家族ですから。
だから、私がすごく酷いとき調子が良くなってきたときなどなど、いろいろな症状があることは解ってくれていました。
だけど・・・
やはり世間の人は理解してくれていないんだなぁ。と、今回のことでしみじみ感じました。と、いうより思い知ったと言った方が適切でしょうか。
同じ会社の人でも部下が鬱になって、理解してくれようと頑張ってくれる上司もいます。
でもその反面、解っているようなフリをして解っていなくて・・・挙句の果てに毒を撒き散らす人もいる。
本当に十人十色ですよね。
心が弱っているときの「毒」はかなり堪えます。
「なんでそんなこと言うんだろう」からだんだん
「私は何もしてはいけないんだ。だったらどうしたらいいの?」
と、自虐的になっていってしまいます。
こんなことってきっと想像もしないんだろうなぁぁ。と、ふと思いました。
そんな人を羨ましくもあり、悲しい人間だと思ったりもし・・・・
ここまで現代病だと言われているのだから、もっと認知されてもいいと思うんですが・・・心の病は目に見えない分、難しいのでしょうか。
なんだかまだ触れてはいけない病というような態度をとられるような気がします。
いろいろ書きましたが、とりあえず会社の件は暫く保留にしてみます。
1つ選択肢が増えたことで少しだけ、この間より心が軽くなったかな?
ただ1つ私はいったいいつまでお給料をもらい続けることが出来るのでしょうか。
いろいろネットなどで調べているのですが、なんだか解らず・・・
たしかもう有給休暇は消化したと言われたはず。。一応今の会社に11年勤めているのでそれなりに何か手当てなどがあるのでしょうか。。
ご存知の方いらっしゃったら教えてください。~生活のこともありますしちょっと不安です。。


【2007/05/14 18:30】 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
何気ない一言に
もう昨日の夜になっちゃうのだろうか、以前同じ職場で働いていた上司から携帯に電話が入った。
一年ほど前に転勤していった人。
まずお決まりのように「元気か?」の言葉
いろいろ話しているなかで
「いろいろ噂は聞くよ。どこどこで見かけたとか・・・」
と、言う言葉に思い切り敏感になってしまったわたし。
噂って何?
見かけたって言ってもなんでそれが噂に?
と・・・・
考えた瞬間、涙が止め処もなく出てきてしまいました。
この数ヶ月ずっと会社とは関わりを持たず、自分の生活のペースをつかもうとしてきました。
そんな中、突然の電話で現実に引き戻されたような感じ・・・。
病気休暇だといっても体を手術するというわけでもないから、調子が良い日は実家に遊びにいったりもする。
主治医の先生もなるべく外出するようにすすめてくれる。
だから、私は出来る限りのことをしようとしてきた。
だけど、たった一言に敏感に反応してしまった。。
私はさぽっていると思われているんだろうか・・・? と。。
思わず、唯一信頼できる5才も年下の後輩に電話してしまった。
結局、その元上司が大袈裟に言っていたことが判明。
「こんなこと」なのかもしれないけど、私にとってはすごく敏感に反応してしまうことなんだよね。
割り切ること、焦らないこと、慌てないこと、などなどいろいろ自分に言い聞かせてきたつもりだけど、ぜんぜん駄目なんだなぁぁ。
やっぱり、調子良くなってきたとはいえ心はまだまだなんだ。
5ヵ月かけてここまできたんだから、同じ期間をかけて心を治していこう。
それでもいいよね。
と、自分に言い聞かせるように・・・。。
【2007/05/12 00:35】 | 会社 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
どのタイミングで復帰するもの?
ここ最近調子が少しずつ良くなってきたからかもしれないが・・・
どのタイミングで会社復帰すればいいんだろう。。
と、悩んでしまう。
4月終わりぐらいから普通に生活が出来るようになってきた。
と、いうのも重いおしりをあげてジムに通う習慣をつけようと思ったから。
規則正しい生活リズムをつかみたかったからということ、
ダイエットしたいという願望もあるゆえに、なんとか週三回ぐらいのペースで通ってます。
朝、主人を送ってから洗濯などしてちょっとテレビなんぞ観て・・・それからジムへ。
帰ってきたら夕飯の準備。。
こういう規則正しい生活は以前だったら当たり前なんだけど、今は三日も続くとしんどい。。
っていうことは、まだ復帰しても先が見えているということ?
口では会社のことを考えないように。なぁんて言っておきながら心の中ではいろいろと考えてしまっている自分がいて・・・
昨日の診察では先生に「かなり調子良さそうだね。」と、言われた。
うん。確かに以前の引きこもり状態などから比べると格別によくなっていると思う。
でもでも・・・
果たして、今の私は復帰して仕事をすることができるんだろうか。。
会社の人と話をすることができるんだろうか。。
やっぱり・・・・不安。。
不安。。。そればっかり。
今の状態だと知らない人から見ると「サボってる」という風にしか見られないんじゃないかなぁ。
しょうがないよ。って思うけど・・・
世間に対応していく力が落ちてきているのかな。。
なんだか段々自分がわからなくなってくるなぁ。
生活のためにやっぱり仕事は辞めたくないし・・
わがままなのかなぁ。
結論が出ない。。

【2007/05/10 19:33】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
また出た蕁麻疹!~うれしいことも1つ
昨日の夜に引き続き会社の夢を今日も見てしまった。
昨日はあまりに酷かったらしく大声で寝言まで出て、主人に「大丈夫かっ!」と起こされてしまうほど・・・
今日は夢で目が覚めて・・・と、思ったら久しぶりに蕁麻疹が。。
休職する2、3ヵ月前ぐらいからすごい蕁麻疹が出るようになった。あまりにも酷くて皮膚科に行ったらストレス性のものだと言われてしまった。
きっとその頃から調子は悪かったんだと思うんだけど。。
ずっと薬を飲んでて、休職してからはあまり出なくなってきたんでけど久しぶりに蕁麻疹を見てちょっとショックでした。気分は朝からドヨ~ン・・・・
そうこうする内に主人を会社に送って、お家に帰って洗濯をしていたら私の携帯がなったんです。
見ると登録していない番号だったんだけど、とりあえず出てみました。
声の主は・・・
私が働いているときに担当していたお客様からでした。
その方はいつも私が職場にお伺いにいくと明るく声をかけてくださってとても気さくな方。・・・ちなみに殿方です。
この3月に会社を退職することはわかっていたんだけど、どうしても電話する力も職場に行く力もなく・・・最後のご挨拶も出来ず残念に思っていたんですが。
4月に入ってわざわざご退職の挨拶状が会社を通じて私に送られてきました。
すごく温かいメッセージが書いてあり、すぐにでも電話したかったのですがそれも出来ず・・・
5月に入ってやっと、お礼のお手紙を出すことができました。
そして今日「○○さんの声が聞きたくなって電話したんだ。元気かぁぁ。」と。。
私は涙が出ました。思い切り明るい声で、お会いできなかったお詫びとそしてこの電話のお礼を。。
お客様も私の病気はなんとなくわかっていらっしゃって、今までの部下にもたくさんそういう人がいたんだよと言ってくださいました。
そして・・・
「焦ったらだめなんだよ。ゆったりとした気持ちですごしていけば大丈夫」と。。
最後に「天気がいい日にでもご主人と遊びにきなさい」とまで仰ってくださいました。
私はすごい宝物を持っているなぁ。と、しみじみと思いました。
長い長い人生、山もあれば谷もありますよね。
今は少し休息するときなんだと思って、ゆったりとお休みしていよう。。
いつかまた、私の大切なお客様たちに笑顔で会える日を楽しみして・・・

【2007/05/09 18:51】 | 体調 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
旅をしてきました
GW後半の4日間は主人に連れられて、旅をしてきました。
なんと計1500kの旅。もちろん移動は車です(かなり頑張りました)。
金沢→広島→松山→高松→金沢 の中国・四国地方への旅でした。
広島では広島焼きを食べ、原爆ドーム・広島平和記念公園、厳島神社へ。
松山では日向飯を食べ、道後温泉へ。
高松ではいつもの讃岐うどんの旅でした。
主人は日本全国様々ところへ行っていますが、私は広島・松山は初めてでした。
それぞれが、全て趣きがあり素晴らしいところでした。
私は主人と知り合って旅をすることを覚えました。
それまでは、いろいろなところに行っていましたがそれなりのリッチな旅行でした。
私もそうですが、主人も海外旅行に楽しみを見出さない人なのです。
日本国内まだまだ、たくさん素晴らしいところがあるのにそこを旅せず海外へ行くのは嫌だそうです。・・・それが主人の持論なのですが。。
たしかに主人と知り合って、様々なところへ旅をしてその土地の方々とお話をして良いものを教えていただき・・・こんなことって、なかなかないですよね。。
今回、主人は私の息抜きを思っていろいろ考えてくれたんだと思いますが、今度は主人が行きたいところにいこうと思います。。
ただ、きっと・・・
今度は京都祇園祭りになると思います。
・・・ここ数年、祇園祭りの宵山を見に行っているので今年も。と、思っているのです。
とにかく、今回の旅もなんの事故もなく無事に楽しんで帰ってこられたのでよかったです。
このまま、調子良く過ごせるといいなぁぁぁ。。。
【2007/05/07 23:54】 | 旅行 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
うさぎとかめ
今日は診察の日でした。
明日からずっとお休みなので、今日はなんとしてでも病院へ行かなければ。と、行って参りました。
いつものように先生に
「調子はどうですか?」と聞かれ
「一応普通の生活ができたと思います。」
と私。
「ただ、私もそうですが主人も復帰までにどれぐらいかかるんだろうと焦っているみたいで・・・」
とも。先生は・・・
「焦ったらダメだよ。今はとにかく普通に生活すること。これまで、普通の生活が出来ていなかったんだから家事を出来るだけスゴイ進歩だと思わなきゃ」
と。
そして更に、
「うさぎとかめ。なんだよ。かめはうさぎを最後に追い抜かすでしょ。焦りは禁物!!」
いい言葉をいただきました。
うさぎとかめですね。
今までうさぎになろうとばかりしていたのかも。。
自分をリセットしようとかめになったのが、少し調子を良くしてくれたのでしょうか。
最近はツライこともいっぱいあったけど、この病気になって得たこともいっぱいあるなぁ。と、思えるようにもなりました。
一歩一歩ですね。。

PS 読んでくださった方、是非ブログをお気に入り登録させてください。よろしければ私のブログもお気に入りに登録してください
【2007/05/02 18:29】 | 診察 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ちょっとした気晴らし
GW前半戦は三日間とも良いお天気に恵まれました
お休みの日は我が家恒例(???)のお出かけです。
先週は私が風邪をひいてしまい、どこにも行けず・・・だったので、
主人は今週は。と、ばかりに三日間とも外へ連れ出してくれました。。
平日はとかく引きこもり状態で、一人では殆どといっていいほど「行かなければいけない」場所にしか行っていないので、週末ともなると私を気分転換に連れていってくれます
その中でも昨日は私がお洋服をいつも買っているお店のファションショーがありました。
しかも、公の広場で。
モデルは全員そのお店のお客さんばかり、見た顔の方々ばかりです。
休職してからというもの大好きなお洋服を買う意欲もなくなり、久しくお店には顔を出していなかったのですが・・・
良い刺激になりました
お店のスタッフも事情を知っているので、皆に温かい声をかけてもらって感謝感謝です。
主人もそろそろ顔を出しにいけたらいいなぁぁと。
スタッフのみんなとはお友達の関係なので、早く明るい輝いているところに遊びにいけるようになれるといいなぁ
GW後半戦は少しばかり遠出をする予定です。
これまた主人が私を気遣っての旅行です。
知らない土地に行って、初めてのものに触れてリフレッシュしよう。と・・・
いろいろケンカもしますが日々、主人には感謝ですね。。

【2007/05/01 09:23】 | 我が夫婦 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。