スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
私の趣味
私は読書が大好きなんです。
で、もうおわかりの方もいるかもしれないんですけど
私のこのブログのタイトルは私の大好きな山田詠美という作家の「ラビット病」という本を思い出してつけました
山田詠美という人と出会ったのは今から十数年前、私が中学生のとき。
その時買ったのは「放課後の音符」という本。
一度読んで好きになり、それからというもの彼女の本を集めだしました。
今ではほとんどと言っていいほど彼女の本を持っています。
私は買った本は捨てられない性格なので、我が家の本棚は500冊ほどの本で埋めつくされています。
その中でも一番多いのが山田詠美の本です。
その当時は彼女に対する評判はいろいろありましたが、私ははっきりしている彼女の性格が大好きです。
今では彼女の本が映画(「僕は勉強ができない」や「風味絶佳」など)になったり、教科書にまでなったり・・・と、有名になっています。
物事を正面からとらえる人で、すごく感受性の強い人なんです。
私はいろいろな意味でものの感じ方の勉強をさせてもらっています。
つい最近「無銭優雅」という本が出版されました。
読みおえてしまうのが、もったいなくて少しずつ読み進めました。
この本・・・とても良かったですよ。最後は泣いてしまいました。
どこが良かったか。と、いうのは人それぞれ違うと思います。
ただ、彼女の本を読み終えていつも思うのが人にはみんなそれぞれ血が通っている、心がある愛がある。っていうこと。
興味ある方は是非読んでみてください。

スポンサーサイト
【2007/03/29 11:22】 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
3つの事件
先週からすごく忙しい日が続きました。
金曜日から妹の引越しの手伝いのため、母と弟と3人で妹が住んでいるところへ車で行きました
実際の引越しは月曜日なのですが、一人では何も出来ない妹のため3人で妹の住む京都へ一泊の予定で。。
京都に入り早速、妹のマンションに到着。
すると・・・
5分も経たないうちに母がなんと階段から落ちてしまったのです
しかも思いっきり顔から落ちてしまったようで・・・
口からは血が出て、足の脛はパンパンに腫れてしまい引越し準備どころか、すぐに近くの病院へ母を連れていきました。
レントゲンやCTを取りましたが、異常なくなんとか打ち身と切り傷だけですみました。
そしてやっと引越しの準備に。。
しかし、母はケガがひどいので動けず結局、私が一生懸命ダンボール箱へ荷物詰め。

そうこうするうちにその日は終わり、翌朝2つ目の事件が・・・
なんと次は弟が39℃近くの熱が出てしまい、一日引越し準備の中寝ていました。
弟が風邪をひいてしまったので、帰りは私が車の運転を。。
走行距離300k。疲れましたぁ~
ヘトヘトになって帰宅し、翌朝はゆっくり寝ていようと思いながらベッドへ。

そして翌朝、3つ目の事件が・・・
3月25日午前9時42分ごろ
ベッドで寝ていた私たち夫婦にグラグラとした揺れが襲ってきました
最初は小さかった揺れがそのうち大きくなり、立つことも出来ない状態に
そう。私は先日地震があった石川県の金沢市に住んでいるんです。
金沢は震度5。
私が住んでいるのはマンションの10階なので、戸建ての家よりは揺れが大きかった様子。
私は腰が抜けた状態になってしまい・・・
主人はいの一番にお互いの実家にし、家族の無事を確認。
おおぉぉ。さすがっっ。と、思いながら次は家の中を点検。
高いところに置いてあったビンや本棚の本が数冊落ちていました。
今日もニュースなどで地震のつめ跡が放映されていますが、時間が経過するごとに状況はひどいことに・・・。
金沢は被害はありませんでしたが、能登では大きな被害を受けています。
まさか、自分の身近でこんなことが起きるとは思ってもみませんでした。
幸いにも私たちの親戚などは能登方面には住んでいなかったのですが、知人の実家があったりと・・・まだまだ心配な日が続きます。
能登方面には観光などで何度となく、行ったことがありますが綺麗な風景が壊れてしまっているのかと思うとすごく心が痛いです
早く復興する日がくるよう私でも何か出来ることがあれば・・・と考えています。(能登まで行くのは出来ないかもしれませんが、募金などは出来るのではと考えてます。)
そんなこんなで、自分自身の悩みを考える暇がなく過ごしていた日々でした。
【2007/03/27 19:07】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
最近の悩み
自分では4月から復職するという目標をやっと持てるようになったと思ったのに、いざ近づいてきたらすごく鬱々。
焦りすぎ??
そう、それが私の欠点。
考えすぎることと焦りすぎること。
会社を休職して4ヵ月。これだけ休んでしまうと早く復帰しなくては。という焦りと、復帰したときの不安とが入り交ざり・・
私はどうすればいいんだろう。
なんだかずっとこんな事の繰り返し。前向きになったり後ろ向きになったり。
会社を辞めようかとも思ったけど、先生は辞めても病気は治るわけじゃない。っていう。
私の病気の原因は会社の人間関係。あまりにも割り切れないことがあって考えすぎてひどくなった。
だから、逃げたところでこの病気が治るわけじゃないという。
今の私には立ち向かう勇気がない。勇気がないまま会社に行ってもいいんだろうか。
会社はとりあえず休職扱いにしてくれている。上司は「とにかく治してから会社に出てきてね」と、言ってくれています。主治医の先生にも会ってくれてこの病気についても聞いてくれました。
たしかにここまでして下さる上司はなかなかいないと思います。
主人はこんな会社はあまりないんだから、会社を辞めるな。と。。
体調が良くなればきっと私も後悔すると思うし・・・
はあ~、どうすればいいんだろう。
【2007/03/22 10:33】 | | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
父の還暦祝
昨日から父の還暦祝で近くの温泉に行ってきました。
総勢9人の大所帯。両親と祖母、妹2人に弟、上の妹の旦那さんと我が夫婦。
そう。私はなんと4人姉弟なんです。しかも、長女。。
昔から「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と呼ばれてきました。
だから、今回の計画も私が先頭をきって姉弟で極秘裏に進めてきたんです。
11月から計画はスタートされ、プレゼントを決めて買って、一週間前にはお宿へ最終確認の電話連絡。
鯛のお造りが・・・とか、ケーキが・・・とか・・・疲れました。
その甲斐あってか父はすごく喜んでくれて・・・
母とともにちょっとウルウル
やっぱり、いろいろ苦労してよかったぁぁ。と、しみじみ思いました。
今まで、4人もの子供たちを苦労して育ててくれて小さい頃は考えもしなかったけど、自分が結婚してみて並大抵の苦労ではなかっただろうなぁ。と、両親の気持ちを思うことが出来るようになりました。
だから、両親には出来る限りの親孝行をしてあげよう。
そう心の底から思います。
結婚して実家から出て、たまに遊びにいくと父は私の顔を見るだけでいつも嬉しそうな顔をします。
たったこんなことだけど、これもすごい親孝行なのよね。
今は病気でつらいこともあるけど、日々感謝の心を忘れずに生活していきたいな。。
【2007/03/18 17:19】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
はじめまして yukki です
今日から日記を書くことにしました。
みんなのブログを見ていたら私も挑戦したくなって・・・。
こんな前向きな私って・・・エライエライ。
こんなことだけど、とっても自分を褒めてあげてます
その日その日あった些細なことをツラツラと書き綴るつもりですが、是非遊びにきてください。

今日は朝からお掃除、お買い物と頑張りました。
近くのスーパー、金曜日は百円市とかで旬な野菜などいろいろなものが100円になるんです。
しかもそのスーパー、素材などにもこだわっていて、安心して野菜やお魚など買えるんです。
だから私も今日はそのスーパーへ。
すると・・・
なんとスゴイ人。。お買い物カゴがないんです。私と同じこと考える人ってやっぱり多いのね。
その後、いつも行くお花屋さんへ。
玄関に飾ってあった桃の木がもう枯れそうなので、新しいものを買いにいきました。
今回は桜の木。大ぶりな枝のものを二本いただいて帰ってきました。
今年に入ってから玄関に常に花を飾ってあるんですが、やっぱりいいものですね
これからも続く限りお花を絶やさないようにしようと思っています。

【2007/03/16 18:20】 | 自己紹介 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。