スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
義母の愛
今朝、目が覚めてみると積雪数cm。
雪が降っていましたぁ。。。

今年の金沢は雪があまり積もらず・・・
雪が降ると嬉しくなる私であります。(犬のようですが・・・)

そんな雪が降る中、朝から灯油を調達しに行って参りました。
実は我が家、灯油は主人の実家から頂いているのであります。
・・・今年からなのですが。

主人の実家にて灯油の値上がりの話しをしていたときに
義母が灯油をわざわざ買いにいくぐらいなら、取りにおいで。
と、言われたのです。
家の玄関にあるから。と・・・・

今年で結婚して3回目の冬を迎える我が家ですが
最初のシーズンはエアコンで部屋を暖めていました。
しかし、私はエアコンの暖房が苦手ですぐに喉を痛めてしまうのです。
そのため、昨年ファンヒーターを購入しました。
我が家はマンションのため灯油を入れにきてもらうわけにも行かず
毎回、ガソリンスタンドまで灯油を買いに行っていたのですが。。。

義母は灯油が高くなるんだったら、少しでも家計がラクになるよう取りにおいで。と・・・
はい。甘えさせていただいている私です。
そのほかにも遊びにいけば、いろいろ貰います。
野菜や卵などなど。なんとお米まで。
美味しいものを買い置きして、私たちにくれるのです。
と、いうか私たちの分まで買っておいてくれるんです。

そのため・・・・
義母に教えてもらったものを食べて、それ以外のものが食べられなくなったものが多々あります。
お米・卵・お味噌・お醤油・乾燥ワカメ・ゴマなどなど
数えると限りがないぐらい。

いつもお醤油がなくなったら義母に
『お義母さん、お醤油なくなったんだけど~』
なんて言うと、
『この間取り寄せておいたから、あるわよ~』
なんていうふうに、いただくのです。

はい。私たち甘えております。
と、いうか・・・・
義母が甘えさせてくれるのでしょうね~。
一人息子の嫁ということも、すごく助かっております。
息子への愛が今は私に向いてくれているようで・・・
はい。私は恵まれていると思います。。

そんなわけで今日も灯油をいただいてきました~。。






ブログランキングに参加しています。
ポチッと元気をください。。
  ↓


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
【2008/02/08 15:15】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
父の喜び
三連休でしたね。。
我が家は妹夫婦が祖母の病状が心配だからと東京から帰ってきていました。

と、いうわけで日曜日はみーんなそろいました。
京都の妹だけはいませんでしたが・・・
叔母や従兄弟なども・・・・いました。
祖母は経過は順調です。今は抗がん剤を服用しているみたいです。
その薬がプラスとなるかマイナスとなるか・・・
それはきっと結果しだいなのでしょうが、今は副作用などは出ていないみたいです。

さて・・・・
勢ぞろいした実家では夜の宴が繰り広げられました。
父はすごくご機嫌です。
お盆であれ、お正月であれ家族が揃うとなるとすごくご機嫌になる父です。

主人曰く・・・・
とてつもなく嬉しかったんだろうね。
とてつもなくノリノリだったよね。
と・・・。

そう、父は私たち娘が帰ってくることがこの上なく嬉しいようです。
父はいつまでたっても私たちの父なのですよね。
どこへ行っても娘は娘。
家中に人が溢れることが嬉しくてしようがないようです。
そんな父をほほえましくもあり、常に喋り続ける父を面倒くさくもあり・・・

昔から家族みんなで会話しながら食事をすることが大好きだった父。
今は妹たちも東京や京都で生活し、私もお嫁に行き・・・
両親と祖母と弟の4人で暮らす実家。
父としてはすごく寂しく感じるのだと思います。
だから、私がたまに遊びにいっても喜ぶのです。

しかし、そんな父だからこそ私たち姉弟は実家に集まるのでしょうね。。
主人が言いました。
奥さんのお祖母ちゃんを心配するために一緒に帰郷してくれる婿殿をもつ私たちは幸せだよね。と・・・・
そうですよね。自分のお祖母ちゃんのように心配してくれる婿たち。
主人も祖母の手術の時仕事の時間を割いて病院に来てくれました。

私たちは人との出会いに恵まれているのでしょうか。
私は会社でいろいろありましたが、家族としての出会いにはすごく恵まれていると思っています。
悪いこともあれば良いことも・・・・
こうやって一生を生きていくのだと思います。
だから・・・
幸せなことは幸せだと思えるよう一日を過ごしていきたいと思います。
【2007/10/08 21:30】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
今週末は東京へ
先週は急な京都旅行でしたが、今週は金曜日から一泊二日で東京へ行ってきました。
今回は急なものではなく、二ヶ月前から予定されていたもの。

それは・・・
義父の病院へ行くことでした。
数年前に腰の手術を数回している義父は
腰と足に爆弾を抱えていました。
ある方の紹介で調布市にある有名な病院に予約を取ることがてきたのです。
その方の紹介がなければ、10年先まで予約が埋まっている病院なのだそうです。

少しでも痛みがなくなれば・・・
少しでも今の痺れがなくなれば・・・
そう思い、義母と主人と4人でその病院へと向かったのでした。
飛行機を利用した方が、断然時間的には早いのですが
長時間歩くことの出来ない義父にとっては、すごく辛いものなのです。
だから、今回は車で行くことにしました。
病院は調布ICからすぐ近くにあり、割と行きやすい場所にあったのですごく便利でした。

今後の治療については今まで通院していた病院の主治医に
今までの経過を確認して、その後どうするかを決めるようですが・・・
とにかく今の主治医に対して不信感を抱いている義父にとっては、新しい病院は1つのチャンスだったのです。
来月、診察の予約をとり昨日の診察は終わりました。

6年も痛みと痺れとともに生活してきた義父。
少しでも痛みや痺れがとれる生活を送れるようになるのであれば・・・・
私は一緒に東京へ通おうと思っています。。
あとは義父の決断だけでしょうか。。
今後、どうするのか。。。
今のままでいるのか。新たな挑戦をしてみるのか。。
今の私はその決断を待つのみです。

久しぶりの東京はやはり・・・人が多くて少し私の体調も心配でしたが
思ったより何事もなく過ごすことができました。
中野に住む妹のお家にも遊びに行けたので、よかったです。

祖母の手術や義父の通院などいろいろあり、私の病気どころではなくなっている毎日ですが・・・
少しずつ前に向いていければいいかな。と、最近思います。
今は自分のことより、家族のことですから。
それだけに集中したいようですね。。
火事場の馬鹿力ではないのですが、こういう時は何とか私の心は暴れずにいてくれているようです。。
何よりも健康が第一なのですよね。。最近、常にそう思いながら過ごす毎日です。。
【2007/09/30 00:02】 | 家族 | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
お昼寝
ここ最近、生活のリズムが崩れていてその崩れを治すために今日はたっぷりとお昼寝をしてみました。
事の発端は一昨日。
夜、眠れず明け方なんとか眠りについてからです。
次の日は主人が休日出勤のため7時ぐらいに起き、送り届けました。
睡眠時間三時間。。私にとっては全く足りません。。
昼寝をしたいところだったのですが・・・
昨日は祖母の退院日だったので、実家に向かいました。
そして、実家にて夕飯を作ったりしていると時間は経ち・・・
昨日も休むことが出来ず、今日は・・・・
朝からぐったり。
これではダメだと思い11時ぐらいから17時ぐらいまで長い長いお昼寝をしてしまいました。
これで何とかリズムが取り戻せることが出来たらいいんですけれどね。。

さて、皆さんに心配していただきました祖母の入院ですが
昨日、無事に退院することができました。
と、いうかベッドがいっぱいになるので計画的に退院させられたようです。
秋はどこの病院も手術で大忙しになるそうです。
健康診断の結果などが、この時期に集中するのが理由で
ガン患者で溢れるそうです。今やガンは現代病の1つですね。

退院してきた祖母は、やはりというか・・・
痩せていました。
病院でみているとそれほどではなかったのですが。
慣れ親しんだお家で見ると、肩から胸にかけて痩せたなあという印象。
ちょっとしたことが出来ない煩わしさがあるようです。
なかなかベッドから起き上がることができなかったり・・・
ちょっと動いただけでしんどくなってきたり・・・
胃が小さくなったのか、食事の量がすくなくなったり・・・
でも、まだ術後二週間しか経っていないのですから当たり前ですよね。
今からはとにかく『できるだけ動いて、食べて、水分をとる』
この三つが大切だそうです。
お祖母ちゃん、頑張ってね!!
【2007/09/18 18:22】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ずっとコメレスも書けなくてすいません。
ずっと落ちていました。
そして一昨日は祖母の手術でした。

結果は・・・・
主治医から出た言葉は5年後の生存率が10%でした。
私は両親からそのことを聞きました。
その時はあの祖母であれば、こう言われたとしてもガンと共存していくだろう。と、思っていたのです。
人一倍、他人を思いやってきた人だから、神様は必ず見ていてくれる。そう思いこませていたのです。
でも・・・
夜、家に帰ってみると我慢していた涙が止まらず
パニックで過呼吸までひきおこし・・・・


今は、お酒に頼っている状況です。

病院でも血液検査や心電図検査などそれぞれの検査でその担当医が○○さんですか???
と確認するぐらい年齢よりも容姿が若く見える祖母を自慢していたぐらいの私です。
実年齢84歳であるにも関わらず、62歳に見られたと自慢する祖母に笑顔で返していた私です。

何よりも大切で・・・・・・・・・・・
その言葉しか思い当たらない存在です。

手術後、麻酔で朦朧としているにも関わらず
面会した私に真っ先に、
『体調は大丈夫??』
と、心配してくれたお祖母ちゃんなんです。
こんな時まで『自分のことより他人のこと』なんですね。

早くこの病気から脱出したい。
その気持ちでいっぱいになりました。
私はいったい、いつになったら治るんだろう。
それだけでした。
【2007/09/06 00:47】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。